So-net無料ブログ作成
検索選択
myoko.jpg  ←~生命地域~妙高高原♪
くわちゃん♪ ブログトップ

くわちゃんの大脱走劇♪ [くわちゃん♪]

8991206.gif
くわちゃんがいなくなって、3日目の夜。

がさがさっ  ばたたたっ
大体、夜9時頃になると、音がするのです。

やっぱり、どこかにいるんだよね。
ひとりで探すのは怖いので、兄に手伝ってもらって探したら・・・

いたいた! 障子戸の裏の窓の桟のところにいましたよ^^;
障子戸は閉まっていて、隙間も無いはずなのに、どうやって・・・?

謎は深まるばかりです。

それから、逃げないようにと、ケースのふたを換気扇カバーでよく使うフィルターで覆って、
太い輪ゴムで留めて、その上に新聞紙を載せました。
これなら、出られないでしょう。

その夜・・・
ケース内で何かをかじかじする音はしていたものの、
やはり外には出られなかった様子のくわちゃんは、朝になると、ゼリーを食べていました。

やっぱりね、そうなるよね、もう冒険は終わりと、安心していたのもつかの間・・・

次の日・・・夜が明けてみると・・・

「くわちゃん?」

またいないのです。
でも、不思議。
ケースの中は、昨日と同じ密室状態のはずなのに。
どうやって逃げたの!?
フィルターだって、どこも外れていないし、逃げられないはずなのに!?

・・・ん?

「あいつ、意外と頭いいぞ」

思わずつぶやいてしまいました。
だってですね、よく見れば、フィルターに1センチメートル程の穴が開けてあるのです。
フィルターに穴を開けて、出て行ったみたいなのです。

ということは・・・障子戸の裏にいた時も、もしかして・・・?
私は、障子を注意深く観察しようと思い、手を伸ばしました。
そしたら、バランスを崩して、手が滑り、

びりっ

障子紙が、破けてしまったのです。
その時、わかりました。
くわちゃんも、障子を破いて外に出たんじゃないかなって。

そうして、観察したら、確かに、二つ穴が開けてありました。
くわで開けたに違いないです^^;
今となっては、大きく障子戸を破ってしまったのは私だから、何も言えないけど・・・。

(虫の気持ちになってみれば・・・)

くわちゃんが何を考えてるかなんて、わかるわけない。
それはわかっているのだけれど。

やっぱり、見つからなくて、兄に一緒に探してもらったら、なんと1瞬で、見つけたから凄い。

「ここに、いる」

指差したのは、カーテンレールの上。

「偉そうにしてるな」

いい場所をキープして嬉しそうなくわちゃん。
何日か前まで、障子の裏で出られなくなって、助けを呼んでいたくせにね(笑)。

くわちゃんには悪いけどね。
これ以上、脱走されても、困るから。

ふたの上に雑誌を3冊載せて、出られないようにする代わりに、
ケースの中で、楽しめるように工夫をしました。
自分がクワガタになったつもりでね^^;;

・・・って、そんなことしていたら、自分もいつか虫になってしまうんじゃないだろうか?
いいえ、なりませんよ~!というか、なりたくないし!







2014-09-13 08:42  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

くわちゃんの忍法姿隠し♪ [くわちゃん♪]

8993388.gif
くわちゃん、君には、もう、驚かないよ。
びっくりなんかしない・・・つもり。
君は、昼間、ずっとゼリーにへばりついていて、夜になると、活動を始めるのよね。



脱走・・・(゜o゜)
ありゃりゃ!いなくなっちゃったわ。



1度目の脱走の時は、探しても見つからなくて、どこにいるのやらと、壁や天井に気を取られていたら、
じゅうたんの上で、あおむけになっていたね。
しかも、くわに埃をいっぱい付けて。
もしかして、おっちょこちょいなの!?
虫界の中では、カッコいいといわれている君の、なんだか、情けない姿をみちゃった日。


2度目の脱走の時は、
ドアを2つも隔てた、しかも、廊下の一番向こうの壁で見つかったよね。

「きゃーっ(怖)」

と、声には出さず、心の中で思った。 
そういう登場の仕方は怖いわ、くわちゃん(: ;)
そして、そのくわには、またもや埃が・・・。
一体、どんな冒険をして来たの・・・?


それから、3度目の脱走。
空の飼育箱。

所詮、虫と人間の考えることはシンクロしないんだなぁって、思った。
まあ、シンクロしたくはないけど(笑)

それで、数時間後、再び、飼育箱をのぞいてみたら・・・!?
なんと、いたんだよねー/(゜-゜)/
飼育箱の中に!!!
さっきは、絶対いなかったはずなのに!?
完全に、裏をかかれたあの日。

いやはや、どうして、こうも、いつだって予想外な行動をとるのかな、くわちゃんは。

ぷるぷる震えながら怒ってみたり、
ゼリーを食べながら、触角をリズミカルに動かしてみたり、
深夜、木のてっぺんで、どんなもんだとくわを振り上げてみたり、
誰も見ていなくても、いつも、そうなんだろうね。

もしかして、昼間、ゼリーにへばりついているのは、夜、遊びに行くためなのかね。

私が、飼育箱に、厳重にふたをしないのは、
もう、ご自由に行ってらっしゃいの気持ちのあらわれ・・・かもよ~^^


そして、4度目の脱走。
君の隠れ方はうますぎるから、もはや探しても無駄かと思いながらも、
一応、部屋を見回す私。
いないのを確認して、さて、勉強でもしようかと机に向かったら、
机の脇で、紙袋をカサカサさせるような音が!!!

音をたてているのは、アイツに違いないと確信。
それで、机の脇の紙袋を探したんだけど、これがなんと、見つからないんだよ~(;O;)ホラーーだぁ!!!

いやほんと、虫というのは、何考えているかわからないわ。
ただ、感じたこと。
くわちゃんという虫は、なんだか、お間抜けなところがあって嫌いになれないんだ。

こんな話、虫の嫌いな人(`-´♯)には、あり得ないと思われそうだなぁ(^.^;


2014-08-27 00:36  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

くわちゃん♪ ブログトップ
短篇小説 W   別天地へ行け

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]