So-net無料ブログ作成
myoko.jpg  ←~生命地域~妙高高原♪
短編童話 桜葉(原案) ブログトップ

桜葉 (さくらは) [短編童話 桜葉(原案)]

10101759.gif

ある山村に、麻良というカラスがいました。麻良は、子供のカラスでした。いつも、お気に入りの電線にとまって、楽しいことを探していました。

「何か、おもしろいこと、ないカァ~。」

すると、おとなりの桜の木から、一枚の葉が、はらはらと舞い落ちました。カラスは、それを見て、とても美しく感じ、近寄って話しかけました。

「きれいに舞い降りたね。」
「ありがとう。私は、桜葉。もう一度、舞をお目にかけたいのだけど、一回きりなの。」

桜葉は、小さな声で言いました。

「そうカァ~。ぼくは、麻良。いいことを考えたよ。ぼくが、くちばしでくわえて、空から落としてあげる。」
「まあ、いいの?」

麻良はくちばしで、桜葉をくわえると、電線の上へとまり、そこから、桜葉を、放しました。

「すてき。楽しいわ。」


桜葉は、とても喜びました。一羽と一枚が、そうして遊んでいますと、突然、強い風が吹いてきて、桜葉は、飛ばされてしまいました。嵐がやってきたのです。

「きゃー!」
「大変だ!」

麻良は、桜葉を探しましたが、あめかぜは、やみそうもなく、見つかりません。闇がせまってまいりました。今夜は、近くの高い木の枝にとまって眠るよりなさそうです。

「クション!」

麻良は、雨つぶをふりはらいました。寒くてなかなか寝られません。いつもなら、ねぐらに帰ってみんなでもう寝ている頃です。身をすぼめていますと、どこからか、声がしました。虫のような、笛の音のような、響きでした。

「カラスさん、今日は、こちらでお休みですか?」
「誰がしゃべっているの?」
「私は、けやきの枝です。ねぐらへ帰らないのですか?」
「ぼくは、麻良。一緒に遊んでいた桜葉が、風で飛ばされたんだ。探しているうちに、日が暮れて、帰れなくなったの。」
「北風が吹きましたので、桜葉さんは、きっと、南の林でしょうね。」
「南の林カァ。」
「桜葉さんが、見つかりますように。枯葉になってしまわないうちに。」
「大変だ、ぼく急がなきゃ。」
「今夜は、もう少し下の枝で休んでいってください。その方が、あめかぜをふせげます。」

けやきの枝は、麻良が通りやすいように、枝と枝の間に隙間をいれました。麻良は、いうとおりにしましたら、とてもよく眠れました。

翌朝、麻良は、南の林へ飛んで行きました。桜葉を探していますと、とってもきれいな葉っぱが、たくさん、落ちているのでした。麻良は、落ちている葉っぱに、話しかけました。

「君たちは、どこの木から、来たの?」
「・・・。」
「ねえねえ、桜葉を知らない?」
「・・・。」

麻良は、歩きながら、話しかけました。ところが、数え切れないほどある葉っぱたちは、みな、無口なのでした。風に吹かれて、飛ばされて、びっくりして、落ち込んでしまったのでしょうか。

「さびしい。ここでは、ぼく、ひとりきり、カァ。」
「麻良さん・・・ここよ、ここよ」

耳を澄ますと、小さいけれど、はっきりとした声が、聞こえるのでした。麻良は、きょろきょろとあたりを見回しましたが、似たような葉っぱにまぎれて、桜葉は、見つかりません。
「桜葉、どこ!?」
「わたしは、ここよ、麻良さんの、すぐ近く」
「あっ、ここカァ!」

麻良は、やっと、桜葉を見つけ出しました。くちばしで、そっと持ち上げると、桜葉のからだは、ところどころ、欠けていました。

「桜葉、だいじょうぶ?」
「わたしは、平気。麻良さんは?」
「ぼくは、全然、なんともないよ。さあ、戻ろうカァ。一緒に、空を飛ぶよ」

麻良は、助走をつけて、翼を広げ、飛び立ちました。冷えた青い空には、お陽さまが出ていて、下のほうでは、色づいた葉っぱが、きれいな毛糸玉みたいに見えました。麻良は、桜葉が、喜ぶだろうと考え、長い間、飛んでいました。

「ふしぎだわ。とっても楽しい。今度生まれてくるときも・・・きっと。麻良さん、わたし、ここから、最後の、舞を舞いたいわ。いいかしら?」

麻良は、どきっとして、くちばしにほんのすこし力を込めました。

「さあ、昨日みたいに、お願いよ、麻良さん。いっせいの、せ」
「!」

麻良は、桜葉を、放しませんでした。もし、今、くちばしを放したら、もう二度と、桜葉に会えなくなるような気がしたのです。

「麻良さん、わたしは、これから、朽ちていくの。だけど、心配しないでね。来年、また、きれいな桜葉になって、会えるんだもの。・・・あら、麻良さん、雨が降ってきたわ。」

桜葉にしたたり落ちたしずくは、麻良のなみだでした。
そうして、一羽と一枚は、空の上から、お別れをしたのでした。

その年、麻良は、南の林にねぐらを移しました。そこから、稲刈りの終わった田んぼへ行き、カラスの兄弟姉妹と、米をひろって、働きました。からだが、一回り大きくなり、声も太くなりました。桜葉の一生は、とても短いものでしたが、麻良は、これから、まだまだ大きくなり、たくさんの出会いと別れを経験していくことでしょう。でも、たった一枚の桜葉のことを、麻良は、ずっとずっと忘れないことでしょう。



2009-12-06 00:24  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

短編童話 桜葉(原案) ブログトップ
短篇小説 W   別天地へ行け

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]