So-net無料ブログ作成
myoko.jpg  ←~生命地域~妙高高原♪
短編小説 森のきのこ(原案) ブログトップ

短編小説 森のきのこ [短編小説 森のきのこ(原案)]

10687823.gif
森の中は、すべてが儚く輪郭が甘かった。
一体この道は、何十年前にできた道なのだろうか、ぼろぼろの、でこぼこ道。
もしかして、廃墟へ続いている道ではないだろうかと心配になる。
さっき、足元を確かめたら、ちゃんと丸い石が敷き詰められた感触があった。
ほっとして天を見上げたが、厚い雲はすきまなく空を埋めつくしていた。
思えば遠くへ来たもんだという歌を口ずさみたくなるくらい、本当に遠くまで歩いてきたと思う。
森の中に入る前、この森は夢で見たから安心だと思ったのだ。
だから、自然に足が向いてしまった。
そういうことは、誰にでも一回くらいはあるだろう。
それにしても、蒸し暑い。温かい空気の粒子が僕の前を踊っている。
まるで何の中にいるようだ、といえばファンタジックかな。
ああ、そんな意味のないことを考えてしまうのは、今、一人だからだ。
10687823.gif
僕は、本当は一人でここへ来たわけじゃない。
市が主催した山登りに参加したのだった。、
本当の目的地は、峠をひとつ越えた丘陵公園だった。
見晴らしのいい丘の斜面でお弁当を食べて野鳥観察をして、ストレス解消をしようと思っていた。
参加者は、年輩の人が多かった。
僕はかえってその方が、癒されるような気がしていた。
ところが、途中で帰る人が続出して、参加者は、いつしか散り散りになってしまった。
僕は、引率者の人が大変だろうと思い、隊の一番後ろを歩いて、脱落者の世話をしていたのだったが、いつの間にか、みんなとはぐれてしまったのだった。
10687823.gif
そうして、森の中へ入り込んだ。
この道をずっと歩いて、もし、行き止まりだったら戻ってくるつもりだった。
運よく案内板があったりしたら、それもよしと思った。
歩き続けた僕の前に、ついに、案内板が現れた。
そこには、「熊毛峰」と書かれていた。
その地名は、地すべりで有名なところだった。
そんなに遠くまで来たなんて、びっくりだ。
森を抜けると、霧は晴れ、景色は一変していた。
山の角度が違い、登山口から見えた山のかわりに、岩でとがった山が目の前にせまっていた。
僕は、なんだか、妙に胸騒ぎがとまらなかった。
道をずっと歩いていくと、建物があった。
僕は、ほっとした。やっと、休める。建物の入り口まで来て、中へ声をかけた。

「ごめんください。どなたかいませんか?」

すると、仲居が出てきて、ここは熊吉旅館です、お泊りですか、と言った。
そして、お疲れならば、どうぞお湯へどうぞ、とすすめてくれた。
僕は、大変疲れて、汗もかいていたし、着替えはなかったけれど、喜んで入らせてもらうことにした。

「お疲れでございましょう」
「そうですね。だいぶ歩きましたから」
「ここのお湯は、五臓六腑に効きますよ」
10687823.gif
仲居に連れられて、廊下を歩き、露天風呂を案内された。
僕は、ガラス戸を開けると、湯にすっぽりと浸かった。温かく癒されてゆく。
10分程経ち、僕は早風呂なので、湯から上がった。
あれ?
僕の衣服、下着、かばんがない。
替わりに、紺色の作務衣が置かれている。
荷物は、あの仲居が、どこかへ運んだのだろうか。
僕は、あせって作務衣を着て、脱衣場を出た。
廊下の向こうから、調理人と思しき男が歩いてきた。

「おい、持ち場はどこだ。何してた?」
「はい?」

男は、僕をじろじろと見て、感じ悪く言った。

「早く持ち場へ戻れ!今晩は宴会があって忙しいんだ」
「は?」

僕は、気がつくのが遅かった。
それも仕方のないことだと思う。
僕の作務衣は、仲居が置いていったもので、それは恐らく、旅館の使用人が着るべきものなのだ。
従業員と同じものを着ていれば、そりゃあ間違われるだろう。
あの仲居は、僕をだましたのだ。
僕は、頭に来たが、他に着るものもなく、作務衣を脱ぐわけに行かず、そのまま玄関へ戻った。
僕は、またしても、目を疑った。
さっきの仲居が、僕の服を着て、リュックを背負い、玄関から、走り去っていくうしろ姿が見えたのだ!

「待てよ!俺のものを返せ!」

僕は、スリッパのまま走り出て、仲居を追いかけた。
僕の格好をした仲居は、あっという間に森の中へ消えていった。
僕は、結局、自分のものをあの仲居に、全部盗まれてしまったのだった。
信じられないことになった。ショックは強いが、こんな山の中では警察に届けることもできない。
おまけに、あの仲居の顔が、今となっては不思議なくらいに思い出せない。
悶々としたまま、森の中を歩き回ったが、仲居を見つけることはできなかった。
僕は、本道へ戻る道を探そうと思った。
ところどころに案内板がある。
それに沿っていけば、間違いなく戻れるはずだ。
早く、仲間と合流して事情を話そう。
このまま一人で走り回ったところで、どうにもならない。
10687823.gif
森の道は、今では霧が晴れて、歩きやすくなっていた。
鬱蒼とした木々に囲まれて歩いていたら、不思議に懐かしい気持ちになった。
アンラッキーなことは、重ならない。
もっと大きな幸運の前触れなんだ。
そんなことを考えていると、両側の土壁が高くなってきた。
この道は、ちゃんとどこかへ通じているのかな。
突然、前方の土壁に、トンネルがあった。
真っ暗な中をのぞいてみると、穴の中から、生暖かい空気が流れてきた。
こんな場所に誰かいるとすれば、それは、仲間なんかではないだろう。
怖い展開になってきたが、幸運の前触れだといいけれど。
ある日、森の中、なんとかに、出会った、花咲く森の道、なんとかに、出会った・・・。
なんとか、に?
まさかね。
僕の心臓が、腎臓、いや、尋常、でない動きをしている。
い、域が、粋が、息が、できなくなってきた。
怖い、怖すぎる!
こんな展開は、ゲームならまだしも、現実的にはあってはいけないことなんじゃないか。
僕は、勇者なのか?
勇者が死ねば、ゲームオーバーだ。
僕は、トンネルから出てくる生き物を見た。
それは、大きな大きな熊だった。
あちらは、四足動物。
こちらは二足歩行。
すぐに、追いつかれた。
わーーーーーっ!熊に、肩を叩かれた!もう、だめだーーー!
熊が、僕の身体を、両手で掴み上げ、肩車をして、持ち上げた。
ジ・エンド。
ゲームオーバー。
10687823.gif
気がついたとき、あたりは真っ暗だった。
暗闇に目を凝らす。
僕は、やわらかなものに、もたれて眠っていたのだ。
手で押してみると、あったかかった。
フワフワの毛皮のような感触だった。
もしかすると、猫バスってこんな感触かもしれないな?
このまま猫バスに、もたれかかって、もう一度眠ってしまいたい。
大きなグローブのような手が、僕の目の前に差し出された。
僕は、思わず、飛び起きた。
大きな手のひらの上には、黄金に輝くきのこが載っていた。
そして、輝くきのこの光で、その手の主が、まぎれもなく熊だということが、わかった。

「あわわわ・・・」

僕が、びっくりしていると、熊は、黄金のきのこを、口いっぱいにほおばった。
どうやら食べられるらしい。
僕は、熊に毒見をさせたことを、ちょっと申し訳ないように思い、思い切ってきのこを食べた。
クリームのようにとろけて甘かった。
もう一つ、くれるだろうか。食べたい。
少しの刺激で、僕の胃は、活発に動き出そうとしていた。
空腹でたまらない。
僕は、思わず、声に出した。熊が言葉を理解するとは思っていなかったのだが。

「熊くん、美味しかったよ。もうひとつ、おくれ」
「うんまいろ?黄金のきのこは」

熊が、しゃべった。
「熊が、しゃべった!」

僕は、思ったとおりに、口に出してしまった。
熊は、大きな頭を左右に振り、のっそりと立ち上がった。
「ほい、何しにこんな山奥へ来たか、わいに語るべや。場合によっては、相談にのるぞい」

僕は、暗闇の中で、熊と話しを始めた。
「これは夢かも知れないな。熊くん、聞いてくれよ。僕はね、騙されたんだよ」

「騙されたと思って、なにごともしているのやな。分かる分かる」
熊は、腕組みをして、うなずいた。
本当に僕の話を聞いてくれているかは、はなはだ疑わしかったが、熊がしゃべっていること事態がもうおかしいのだから、気にしない。
「騙されたことは、いくつもあって。まずは、荷物を盗まれた。その前に、女に騙された。そして、人間関係不信に陥った。ひどいよもう」
「人間関係かや、我もそれには、いつも困っているのや。人間は、いつも我を見ると、驚いて逃げるか、おお、恐ろしいことには、殺そうと狙っている。全く、何を考えているのかわからん生き物や」
「僕は、何を言われてもかまわないんだ。でも、信じていた女の子に、裏切られたショックは、荷物を盗まれることよりも、つらいや。一生大事にしたいと思っていたのに」
「一生熊道の精神わいな」

僕は、話すのをやめた。

「一生熊道って何だい?」
「熊としての道だわや。我は、動物の肉を食べないと決めているのや。木の実や木の皮などを食べて生活しておるよ。できるだけ、動物同士、対等に仲良く暮らして生きたいと思っておるんだんが」
「あ、それで、きのこを食べているってことか」
「うんだ。あの黄金のきのこは、別格だわい。うまいし、何より、脳みその栄養となるっけ。人間にも食べさせるべきなんだんが」
「黄金のきのこか・・・。そうだね。そのお陰で、僕も君としゃべれるようになったってわけだよね」
熊は、木の皮にのせてあった黄金のきのこを、皮ごと包んで、私にくれた。

「たくさん食って、うんと賢くなりなせなっ!」
「嬉しいな」

僕はもりもり食べた。本当にうまい。

「このきのこは、うまいなぁ。どこに生えているんだい?」
「森の奥深く行ったところなんだんが、人は採りにいけない場所だわいね」
「そのほうがいいな、きっと。人に知られたら、大変なことになるよ」
「人間と我が、仲良くなれないのは、人間の知能が低いからや。黄金のきのこを、人間に食べさせたいぞい」

熊の気持ちが、だんだんわかってきた。僕は、熊のほら穴で、一晩お世話になった。
10687823.gif
翌朝、日の出前に、熊に起こされた。
「黄金の森へ案内するぞい」
僕は、半分眠ったまま、熊に肩車されて、森の奥深くへと連れて行かれた。朝露が、おでこに当たって、気持ちがよかった。
「ついたがな」
僕は、湿った土の上へ下ろされた。目をこすりこすり開けて、その光景を目にした瞬間、眠気が吹っ飛んだ。

「わぁ、まぶしい」

まばゆい黄金のきのこが、密生していた。
ちいさなちいさな赤ちゃんきのこもあったし、巨大な笠を広げたきのこもあった。
そして、そのすべてが、黄金色に輝いていた。
眩しくて、目も開けていられない程に。

「ここは、神様の住む森やがの」

熊は、食べごろの柔らかいものを選んで、木の皮に包み、僕の手に持たせてくれた。

「さあ、夜が明ける前に、行くぞい」
熊は、森に一礼し、僕を肩にのせた。
「近道をするから、目をつぶっていなせな。怖いしけの」
僕は、熊の言う通りに、目をつぶった。顔にいろんな空気を感じて、着地したと思ったその時、

「く、熊が出たぞっ!!!」

誰かが叫ぶ声がした。
熊は、急いで僕を草原へ下ろして、にっと笑うと、すぐに藪の中へ姿を消してしまった。
僕は、あまりに急だったもので、熊にさようならも言えなかった。
かけつけた人間数名が、私を見つけ、興奮した様子だった。

「君、気がついたかい。大丈夫かね?」
「熊は、その、僕に大変よくしてくれまして」

僕は、どう伝えたらいいか、言葉に詰まってしまった。
「そのう、全然、なんともないです」
「あなたはね、昨日から行方不明で、捜索願いを出されていたんだ。無事で何より。荷物が、道端に落ちていたから、ずいぶん心配したんだよ」
「はい、ご迷惑かけて、すみません。じつは、荷物を盗まれてしまいまして」

そうだ、でも僕は、さっき、熊から黄金のきのこをもらったではないか。
さっきまでこの手にもっていたはずなのに、どこにやってしまったのだろう?
もしかすると、さっき、慌てたときに、落としてきてしまったのかも知れない。
「さあ!皆さん、ご協力ありがとう」
気がつけば、僕のことを心配してくれている人達が大勢いた。
僕は、まだ夢を見ているのだろうか。
僕を騙したはずの彼女が、僕のそばで涙を流している。
これは、僕の白昼夢なのか?
僕は、熊と語り合ったことを思った。
あの熊は、今思えば、一生懸命に僕のことを励ましてくれたように思う。
熊は、僕の人間関係がうまくいくように、黄金のきのこをくれたのだ。
でも、黄金のきのこは、もうどこにもないのだ。
僕は、熊に心の中で、つぶやいた。
(僕は、きのこの力なんかなくっても、人間関係を、これからもずっと頑張っていくからね。
そして、いつか、人間が君の事をわかってくれるように、努力する。世界をかえてみせる)
僕は、みんなと一緒に、下山した。
10687823.gif


2008-03-19 02:28  nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

短編小説 森のきのこ(原案) ブログトップ
短篇小説 W   別天地へ行け

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。