So-net無料ブログ作成
検索選択
myoko.jpg  ←~生命地域~妙高高原♪
ニュース考察♪ ブログトップ

限界突破SMAP♪ [ニュース考察♪]

11358100.gif
SMAP解散の記事が出たので、ここ数日、まさかと思ってニュースを追いかけていました。

ジャニーズ事務所って、家族経営なんですね。
家族経営の会社って、大体アットホームなところに、安心感を覚えるはずですけど、
ジャニーズ事務所は違うみたい。
報道を観た限りでは、ここまで冷たいうえに、内部が腐ってきているのでは、従業員にとってはたまらないですね。
このままでは、一大帝国も終わりに近づいていると言ってよさそう。
メリーさんは、自分の娘のジュリーさんにトップの座を譲りたいのでしょうが、
本当に実力のあるマネージャーさんや功労者であるグループを脇へ押しやっていては、この会社の未来は安泰とは言えない感じ。
ジャニーさんがいなくなったら、どうやって求心力を保つのでしょうか?
世間に会社の醜態をさらしてしまった後では、親御さんもジャニーズ事務所に不信感を持ち、
大事な子供さんを預けたいと思わなくなるでしょう。

SMAPの中居君が、以前TVで、
「ジャニーズ事務所に、若い頃1回位しか行ったことない」
「Jrの子の名前と顔がわからない」
と言っていて、余程忙しいんだなぁと思ってましたが、それだけじゃなく、マネージャーによる確執などが影響していたんでしょうね。

中居君は、今後もしばらくは、ジャニーズにいたほうがいい気がするな、もったいない。
そのほうが、お笑いのいいネタになって得だし、現時点では木村君の言うとおりに、ジャニーズに残って正解なんじゃないかなぁ。←友達目線、すみません。
それでも、一社会人からの視点で考えれば、あれだけの実力をもつ人たちだからこそ、独立して自由にやってみたい気持ちになるのは、至極当然。
今までのネームバリューや人気から考えれば、新しい事務所に移籍してもうまくいくはず。
ジャニーズ事務所が邪魔さえしなければね。

SMAPが解散する必要なんてない。事務所の人はバ〇なんですか!!!???(‘へ‘)ノ
それとも牛六してしまったの??? (失礼)m(__)m
25年間も第一線で頑張って来ているのだし、もっと守ってあげてほしい。
独立を許さないとか心の狭いことを言わないで、嵐とかキスマイとか次世代のグループに場所を譲って、花道を飾って送り出してあげればいいのに。

これはもう、時期次第ですかね、、、
今はまだ、移籍するべきじゃないんですね、きっと。
ジャニーさんとメリーさんがお元気なうちは、木村君のためにも顔を立ててあげる。
そして二人がトップの座からいなくなったら、SMAPみんなに追い風が吹いたときに、全員で事務所立ち上げればいいよ。

SMAPのみんなって、過去にもいろんな問題にぶつかってきましたよね。
森君の脱退、木村君の結婚、稲垣君の交通違反、草彅君の泥酔事件・・・それ以外にも視聴者が知らないところで、きっといろんなことがあったのかもしれない。
草彅君の事件がニュースになった後、スマステ生放送に出演した香取君が、真っ赤な目をしていたのを覚えてる。
SMAPは、なにがあっても、グループのみんなで支え合い、危機を乗り越えて来た印象がある。
かっこよくて、人間味があって、ファンに対して誠実で、いつでも本気で頑張っている人たち・・・それが、私が感じるSMAP像。

アイドルの枠を乗り越えたときから、SMAPの限界突破は続いているんだとしたら・・・
これからも、既存の枠を超えて、超SMAPとして、進化していってもらいたいな。

すっごく私的で勝手な意見を書いてしまった。
あああ、それにしても、なんで私、こんなにSMAPが心配なんだろう???


2016-01-19 14:40  nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

太陽のX級フレア [ニュース考察♪]


X級のフレア・・・ただことではないです・・・。
けれども・・・美しい写真だと思います。太陽の輝きが続いてこその地球生命である私達の命の連鎖。
この写真は、太陽にたましいがあるとすれば、それが煌めいているみたいに見えます。


2011-08-12 02:26  nice!(8)  コメント(0) 

放射線とエネルギー問題 [ニュース考察♪]

10830527.gif
一体、放射線って、人体へどれくらいの影響があるんでしょうね。
福島第一原発事故で放出され続けている放射能の汚染の他に、うちの家族が今年に入ってから、病院で放射線治療を受けているので、すごい考えてしまいます。
放射線の種類っていろいろあるんですものね。
それにしても、どんなものだって、多量に摂取すれば、体に悪いですよね。
薬だってそうだし、砂糖や塩だって少量だからいいわけで、一度に大量にとったら体に悪いです。
火だってうまく使っていればいいけれど、常に火災には気をつける必要があるし、
ガスだって、直接吸い込んだら、中毒になって命を落としてしまいます。
安全といわれているものは、安全に使ってこそ、安全なんですものね。
放射線の「セシウム」「ウラン」「プルトニウム」なんて言葉も、最初は聞くだけで恐ろしかったのに、
毎日のようにテレビや(テレビは報道規制されていてあんまりやらなくなりましたか)、
オンラインなどで観ているので、とても身近なもののような気がしてきてなりません。
ところが、「プルトニウムの半減期は、2万4千年です」なんて話になると、突然、現実からSFの世界に飛ばされたような気分になります。どこにも逃げ場なんてないんですよね、結局。
今、菅さんが、首相の座から引きずり降ろされようとしていて、わたしも、最初は、「早く辞めた方がいいんじゃないのかな」って、思っていたんですけど、もしかしたら、火事場の馬鹿力で、菅さんが何かをしてくれる可能性も全く無いとは言えないのでは・・・とちょっと思っています。
誰だって、このような想定外の大惨事を目の前にしたら、動揺してしまうだろうし、誰がやったって結果は同じだったんじゃないかなあと思うのです。
後になれば、「あの時、ああしておけば・・・」って絶対思いますよね。
でも、まさか、原発がここまで壊れて野ざらしになって、放射線が出っぱなしになるだなんて、誰が想像しました?
きっと、東電は、最初からわかっていたと思うのですが、昔からの隠ぺい体質で、隠したんですよね。そして、自体がここまでにならなければ、きっと、被害を隠し通そうとしたはずです。これまでの電力会社の莫大な利益を一体誰がむさぼっていたというのでしょうか。
こうした利権がからんだ支配は、一般市民が考える以上に根が深い気がします。
フリーエネルギーの開発は、今の日本なら、それだけの技術を持っているはずです。
ソフトバンクの孫さんがおっしゃるように、火山国である日本の国土を利用し、「地熱発電」を推し進めることもできるそうですし、太陽光パネルだって今は、個人でも身近に設置できるようなものが売られています。ちょっと機械好きな人なら、喜んで使ってみようって思うはずです。(←わたし)
今までは、電力会社からの圧力で、おおっぴらにできなかった太陽光発電や、水を使ってできるフリーエネルギー(これは無尽蔵にエネルギーができるらしいです。なにかで読んだんですが)の開発なんかも、どんどん進んで行くといいですね。
過去にも、かつて、水にまつわるフリーエネルギーの開発に携わった人が、ことごとく命を落とす出来事があったとも聞いています。(←ちょっとカルトっぽい筋からの話ですので)
本当のことは、わかりません。
けれども、今、この時期に、エネルギー問題の方向転換をはからないと、本当に、日本は滅びてしまいます、きっと。
欧米諸国でさえ、原発廃止を決めているというのに、自分の国で、原発があんなになっているのを目の当たりにしてもなお、原発を推し進めようとする人っていったいどういう思考回路なのでしょうか。何にもわかっていないのでしょうか。命よりも、電気が大切なのでしょうか。仕事の利益に差し障るからでしょうか。そうなら、そう思わせてしまうこの国の社会に問題があるということでしょうか。この国の社会をささえているのは、誰なのでしょうか。
放射線が、一度にたくさん浴びるのでなければ、少しの被ばくであれば、逆に体に耐性ができて強くなるとか、そういう研究が進むことを祈らずにはいられません。


2011-06-22 23:10  nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

食物連鎖の頂点に立つ人間の使命 [ニュース考察♪]

地球.jpg
                       ☆月観測衛星「かぐや」から見た地球☆

月から見える地球は・・・

不思議な青い海を湛えています。
青い海の主は、お魚たち・・・

そう・・・

地球は水の星。
その70パーセントは海におおわれていて、
海や水の中に住めない人間も、この星で、生きている。
同じ地球上に生きているのに、
お魚たちと心を通わすことができないだなんて、そんなばかな・・・?

私達は、人間同士だけでなくて、
魚や花や鳥や獣たちとも、共に通じるなにかを持っているはずだわ。

わかろうとしないのは、人間だけ・・・?

青いたまゆらに同じ時を生きている私達。

食物連鎖の頂点に立つ人間が、忘れてしまっていることは、
他の生き物に、命を捧げること」「自己犠牲」の精神かもしれません。

人間は、現在、他の生物から捕食されることがないので、
死後、肉体は、そのまま、土に還るというイメージがあります。

魚や鳥や獣や植物みたいに、ほかのものに命を奪われ、食べられてしまうことはないのです。
でも、本来、
捕食されることは、「他の生き物に、自分の命を捧げること」な気がします。
捕食されることは、魚や鳥や獣や植物には日常となっていることで、人間には到底無理となってしまったこと・・・

考えるだけでも身の毛のよだつ、とても恐ろしくて、尊いこと・・・。

人間も、食物連鎖の一参加者のはずが、
どういうわけか、いつの間にか、自分達だけが特別な存在であるかのように、振る舞ってしまっています。
知恵あるものが勝る、弱肉強食の世界に生きる地球上の生物たち。
その頂点に立つのが、人間だとすれば・・・

食べることばかり考えているのは、みな同じかもしれませんが、
犠牲になってくれた命から目を背けないで、
戴いた命のすべてに、恥じないように生きていくことが、人間の使命のひとつであるかもしれません。


2010-07-03 22:48  nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本を救いたい人達への追い風 [ニュース考察♪]

日本は、いつまで、アメリカに気を使わなければならないのでしょうかと、思います。
沖縄米軍基地の移転問題が、また、先延ばしになりそうです。
そもそも、もう、米軍の皆さまには、移転ではなく、本国へ帰っていただく訳にはいかないのでしょうか。
もし、北朝鮮が攻めてきたら、軍事力のない日本は、どうやって自国を守るのかと言われますが、
北朝鮮にそのような国力があるとは、思えません。
もし、攻めてくる国があるとすれば、それは、アメリカなんじゃないのかしら・・・?と思うのは、私の勝手な妄想かもしれませんが・・・。
わたしは、アメリカのことを決して嫌いではなく、むしろ、どちらかというと、国民性は好きなので、911のテロが、アメリカの自作自演などとは、思いたくありませんが、そういう記事も、まことしやかに載せられているのが、インターネットです。
実際、ほとんどのアメリカ人は、普通に暮らしているのですし、そのような記事を読んだからといって、アメリカ人に対して、憤りを感じることはありません。
けれど、歴史を考えれば、日本は、アメリカに戦争で負けているし、国民感情として、もっと恨みがあってもおかしくないのになぁと、最近になって、よく思うようになりました。
戦後の教育を受けてきた私たちの世代は、なぜ、アメリカをもっと、恨まなかったのでしょうね。
そこは、巧みに、何者かによって、コントロールされていたからなのだなぁと、今は、思います。
ささいな個人レベルでも、何故だか、金髪に憧れたり、星条旗に憧れたり、英語が話せることがよいことだという思い込み、といった小さなことから、日本はアメリカに守ってもらっているのだという幻想も含めてです。
日米安保条約によって、有事の際には、アメリカは日本を守ってくれるそうですが・・・米軍基地があるのは、本当にそのためだけなのでしょうか・・・?
雑誌、新聞、テレビの情報が、国民を操るための道具になっているみたいだなぁと、ニュースに鈍感なわたしでさえも、最近は、思います。
インターネットには、多くの情報があり、検索すればいくらでも、真実に近づける可能性があります。
インターネットという個人レベルでの双方向通信サービス・・・これを中国では、国が情報規制をするため、検索サイト大手のGoogleが、撤退を考えているというニュースまで出ていました。
真実を隠蔽するためには、インターネットの検索を阻止するという、暴挙。

日本は、中国みたいに規制がないので、ネット環境は、風通しがよいです。
様々なニュースを個人レベルで判断して、意見を述べることができます。
個人的意見は、テレビや雑誌やニュースの記事みたいに、規制を受けませんから、自由でいいですね。
個人の道義にあてはめて、ニュース記事を読んで、直感的に思うことが、多くのネット論者たちと同じだった時、メディアに操作されない目線というのがあることに、勇気づけられます。
平和ボケ日本人ということを言われていて、わたしは、日本人ですから、日本の行く末が、気になります。
インターネットのアクセスが、日本人を目覚めさせ、そうして得た内なる気づきの一つ一つが大きくまとまって、日本を救いたい人達への追い風となる・・・そうなればいいなぁと思います。
そして、今までテレビや新聞を通してしか判断できなかったことも、インターネットを通せば、いろいろな人の意見が得られて、参考になります。


2010-01-26 01:46  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トキ♪の放鳥に想う [ニュース考察♪]

10830527.gif
佐渡のトキ♪たちが、本日、放鳥されましたね。
少し前にニュースで、
トキ♪が、人間に驚いてけがをして死んでしまったとか、
テレビクルーに驚いてけがをした、なんて報道がありましたよね。
トキ♪のニュースは、新潟では、新聞などでちょくちょく見かけるものです。
中国から借りてきたペアが産卵に成功して、
何羽が無事に孵ったなんて、よく写真や記事が、載っていました。
トキ♪たちは、ちゃんと佐渡のトキ保護センターの皆さんが、野生に戻すプロジェクトに沿って、
飼育され、守られているんですよね。
TVニュースによれば、
田んぼの横に、トキ♪が困らないように、えさ場となるビオトープを作ってあるそうです。
でも、
トキ♪にとって、放鳥されることが、本当に幸せなのだろうか。
よくわかりません。
ただ、
テレビで、トキ♪たちは、力強く羽ばたいていました。
それを見に来ていた人達が、口々に、感激していました。
人と野鳥の共存という生活を選択した、佐渡の人達。
これからは、
庭先にいつあらわれるかもしれないトキ♪のことを、
家族みたいに放っておけないまなざしをもって見つめることでしょうね。
トキ♪だけじゃなくて、野鳥は、他にもたくさんいます。
佐渡の人たちが、野鳥たちと、どんな風に共存していくのか、とても興味があります。

トキ♪たちが、冬を無事に越せますように。


2008-09-26 01:08  nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チベット民族の暴動について [ニュース考察♪]

10830527.gif
中国チベット自治区のラサで、暴動が起きてしまいました。
ラサといえば、大好きな関口知宏さんが中国鉄道大紀行を出発された場所であり、
記憶に新しい場所です。
チベット鉄道が開通したことにより、チベット仏教の聖地ラサは、観光化が進んでいるそうです。
8991206.gif

中国政府は、チベット民族の蜂起に対して、武力鎮圧を行ないました。
そして、毒入り餃子事件のときと同じで、事件を限りなくなんでもなかったことにしたいようです。
北京オリンピックに向けて、こうした対応に苦慮しているようですが、
「民族蜂起」を、なかったことにはできませんよね。

チベットは、およそ2100年程の古い歴史を持ち、
本来は、独自の文化と言語をもった国家だといいます。
そのような国が、精神的指導者のもとで、独自の文明を発展させていることに対して、
脅威や嫉妬が生じるという背景が、中国政府にあるのだと思います。
中国共産党が、1959年にチベット全土を征服してしまい、
ダライ・ラマ法王は、国の遺産を守るために、非暴力を選び、インドへ亡命したといいます。8980056.gif

そのような環境の中で、ダライ・ラマ法王は、13万人にもなる亡命チベット人の福祉を守るために、
1992年に8979735.gif「亡命チベット人憲章」8979735.gifを発布しています。
http://www.tibethouse.jp/cta/future_tibet_intro.html
以下、結びの部分を、引用させていただきます。


チベットは他国の政策とイデオロギーに翻弄されない、言葉の真の意味における中立国家となる。
チベットは平等互恵の原則に立ち、近隣諸国と調和のとれた関係を保つ。
チベットはすべての国家と、あらゆる敵意と憎しみを排した誠実な友愛関係を保つ。
正しく考え行動するすべてのチベット人は、
喜々たる献身の念と決意に燃えてこのような理想を実現すべく努力しなければならない。

願わくば、すべての人々に幸せあらんことを。

1992年1月/チベット歴2118年6月17日
                                  ダライ・ラマ


平和を願う独立国家がひとつでも増え、友好的に協力し合っていくことが、
地球の人々の平和につながるのじゃないかなぁと思います。
他を争い責め滅ぼす精神が、高尚な精神文化を持った文明を、踏みつけるようなことになってしまうのは、
文明の宝を、滅ぼすことになってしまい、怖いことです。


2008-03-18 00:44  nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

太陽系第9番惑星について [ニュース考察♪]

11462767.gif
2008年2月末のことです。
太陽系9番目となる未知の惑星が海王星の外側に存在する可能性が高いことが、ニュースで発表されました。

もしも、第9番惑星が、シュメール神話にでてくる惑星二ビルだとしたら・・・?
こちらの記事をご覧ください。
http://chiba.cool.ne.jp/mutyo/planet/nibiru.html

二ビルは、シュメール語で、『交差する星』だそうです。
過去に、地球と衝突したといわれる星。
なんだか、いろいろなことを、結びつけて考えてしまいます。
預言者ジュセリーノさんも、太陽系に新惑星が発見されるって言ってました。
そして、今、本来であればそうでないはずなのに、太陽の黒点活動が盛んになっているのは、未知の惑星が接近しているからだという説もあります。
地球温暖化の本当の理由は、その太陽の黒点活動が盛んになってきたからだというジャーナリストの方もいます。
私は、そのての話が、大好きです。
生きてみなければわかりませんが、どんなことにも真実があるはず。
その真実を知りたいと強く思うのです。
エハンさんのサイトもご覧下さい。↓コチラです。
http://echan.thd-web.jp/d2008-02-28.html


2008-02-28 22:49  nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「環境立国日本」への道 [ニュース考察♪]

たまに、頭の痛くなりそうなカチコチの文章はいかがですか?

平成20年は、北海道洞爺湖サミットが開かれる年である。
日本が議長国のリーダーシップを発揮すべく、サミットの主要テーマとして目指しているものは、以下の通りである。

1環境、気候変動
2開発、アフリカ
3世界経済
4核不拡散をはじめとする政治問題

わが国ができることを具体的に考えてみよう。
まず環境においては、地球温暖化が進むと災害が増し、水や食料が不足する。
食料自給率を上げ森林を増やしていくことが重要になる。
石油の枯渇を目前にして代替エネルギーの開発も急がれる。
日本は、太陽光発電などの最先端技術や治水技術をここに活かす事はできないだろうか。
アフリカ発展途上国では、貧困、砂漠化、エイズ問題が深刻である。
このような援助において日本は、植林事業、診療所建設を行っているが、非政府団体の活動が盛んである。
きめ細やかな援助は、日本人の特筆すべきところだ。
一方、日本は金融面で信用を失いつつある。
国民一人当たりのGDPの割合が世界18位と落ち込み、少子化社会の到来、若者は働く意欲がみられないなどの問題が山積している中で、いかに挽回していくかが難しいところだ。
また、国連平和維持活動に参加し、自衛隊の海外派遣を続けてきたわが国は、そのために憲法改正が論議された。
戦後敗戦国の負い目によってアメリカの追従に甘んじることなく、そろそろ本格的な国のあり方を考え直したい。
今後は「環境立国日本」として国家の品格を示し、どのような指針を出し行動していくかが、この国における最大の課題となりうる。
いずれにしても、科学技術を駆使し、すばらしい人材を育てていくことが鍵になりそうだ。 

アア~書いてて首がこっちゃいましたっ。                                                        


2008-02-03 22:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ニュース考察♪ ブログトップ
短篇小説 W   別天地へ行け

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]