So-net無料ブログ作成
myoko.jpg  ←~生命地域~妙高高原♪
短編 大きな家の秘密♪(原案) ブログトップ

大きな家の秘密(推敲前) [短編 大きな家の秘密♪(原案)]

1.サキちゃんの家へ招かれる


ももの友達のサキちゃんの家は、豪邸でした。
お屋敷、お館、お城?そこまで思うくらいの大きなお家だったのです。
ももとサキちゃんとは、クラスは違いましたが、同じ地区でしたから、よく顔を会わせました。
ある日の、学校の帰りのことでした。
「ももちゃん、途中まで一緒に帰ろう。」
「サキちゃん!」
「ねえ、日曜日に、うちへ遊びに来る?」
「いいの?行きたいな。」
サキちゃんの家には、広大な芝生があり、そこに大きな犬がいて、可愛いのでした。
「俊くんにも、声かけたの。じゃあ、10時頃来て。待ってるね。」
俊くんは、ももの幼なじみで、近所に住んでいます。もっと小さい頃は、よく3人で、近くの公園で遊んだものでした。
日曜日の朝、ももは、俊くんの家に寄り、2人でサキちゃんの家に向かいました。
カランコローン。呼び鈴を鳴らしますと、お庭のほうから、大きな真っ黒い犬が、駆けて来ました。そして、ももに飛びつきました。
  
「きゃっ!久しぶり!」
ももも、犬のくびに抱きついてなでました。嬉しい犬との再会でした。
ドアが開きました。
「いらっしゃい!どうぞお入りくださいませ。」
お手伝いさんが、お出迎えです。
「サキ嬢は、ただいま階上でございます。どうぞ、5階のお部屋へお上がりください。エレベーターへどうぞ。」
「でた!」
俊くんが言いました。
「エレベーターかよ!でかい家だよなぁ。5階に自分の部屋があったら、俺なら、毎日遅刻だよ。絶対、1階がいいぜ。」
「朝ごはんは、1階で食べるのでしょ。自分の部屋から降りてきて、 身支度のためまた、5階へ行くのかな・・・。あー、あたしも遅刻だわ。サキちゃんは、いつも、どうしているのだろうね。」
2人は、感心しながら、サキちゃんのお手伝いさんについて行きました。すると、エレベーターに乗る前に、サキちゃんが、駆けつけました。
「いらっしゃい。じつは、大変なことになってしまったの!」
「どうしたの!?」
「ユウちゃんが、いなくなっちゃったの。」
サキちゃんの弟のユウちゃんが、いなくなってしまったというのでした。
「いつ?」
「今朝から、ずっと探しているのに、見つからないの。」
俊くんが、ぼそっと言いました。
「それなら俺たち、帰ったほうがいいんじゃない?」
すると、サキちゃんが、引き止めました。
「ねえ、お願い!2人とも、一緒にユウちゃんを探してくれない?」
「ええーっ!!」
俊くんが、いかにもめんどくさそうな声を、張り上げたので、ももは、俊くんの腕を強く引っ張りました。
サキちゃんは、ぼう然としています。
「ごめんね、弟が見つからなきゃ、遊んでなんかいられない・・・。」
「大丈夫だよ、あたしは。すごく暇。俊くんだって、超ひまひま人間よね?」
ももは、すばやく言って、手に力を込めました。
「痛たた!離してくれ、もも太郎!いや、お代官様ぁ!俺も手伝う!」
「本当?2人とも。よかった。じゃあ、一緒に、お願い・・・。」
サキちゃんは、とりあえず、ほっとした様子でした。
ももは、俊くんの腕を放してもなお、ぷりぷりしていました。
「ねえ、お代官様とかもも太郎とか、やめてよ!あたし、そんな強そうじゃないでしょ。俊くんが弱いだけで。ね、シュークリーム少年!」
「うまそぅ!シュークリーム少年!いいじゃん。」
「なによ、やっぱり冷たいから、ふにゃふにゃシューアイスよ。」
サキちゃんは、少しほっとした顔で、2人を、5階へ案内しました。

 2.ユウちゃんはどこ?


5階につきました。
エレベータから降りると、ロビーがあり、2人がけのソファーがありました。
全体が、ピンク色で、統一されていました。
「近うよれ!」
俊くんが、ソファーにふんぞりかえっています。ももは、サキちゃんに聞きました。
「ユウちゃんは、いなくなる前は、どうしていたの?」
「バアヤと一緒に。」
「お母さんは?」
「海外旅行に行ってて、いないの。」
「お巡りさんには、連絡した?」
「まだ。そのことで、さっき、パパと相談していたのだけど。変に騒
 いで、ご近所に迷惑かけられないって、パパが言うの。」
「早く、探しに行こうぜ!」
俊くんが、ソファーから、ジャンプしました。
「上から下まで、ぜーんぶ!探してさ!いなかったら、警察を呼んだほうがいいよ。」
5階は、エレベーターを降りて、左の奥に、サキちゃんの部屋、その隣がピアノ部屋、次がマンガ部屋という配置。
エレベーター右の奥は、衣裳部屋、書庫、トイレの順に部屋がありました。
ユウちゃんは、どこにもいません。
マンガ部屋で、俊くんが、あちこち歩き回って、目を輝かせていました。
「少年マンガばっかりじゃん。」
「パパの趣味なのよ。」
「サキちゃん、5階に自分の部屋があるなんて、嫌にならない?」
「あら、どうして?」
「1階まで、遠いし・・・。」
サキちゃんは、ちょっと、考えて言いました。
「それは、団地に住んでいる子と一緒よ。 マンション一棟にまるごと住んじゃってるって思えばね。高層マンションって、朝日がきれいに見えるのよね。うちでは、高層マンションのようにはいかないけれども、5階のわたしの部屋からの眺めが、いちばん。」
「そうっかぁ。」
いつも、ぎりぎりまで寝ているももには、朝日を見るゆとりは、ありません。そのへんから、違うんだなあと、ももは、思いました。
衣裳部屋の向かいの壁を触っていた俊くんが、聞きました。
「この小さいふたは、なんだ?」
「それを、開けると、洗濯物が、下に落ちるの。」
「へえ。」
ももは、袖を通したことのない可愛い服を目の前にして、ファッションショーがしたいと、強く思いました。
「サキちゃん、お洋服いっぱいあるね」
「そうなの。でも、あんまり着てないわ。ママが外国でよく買ってきてくれるんだけど、すごく派手なんだもの。」
「えーっ!?そ、そう。もったいないね。」
いろんな誘惑に、足を止めていられません。ユウちゃんを見つけなきゃ・・・。
        
4階は、ゆうぎ場でした。
「こちらは、ホームシアターのお部屋、小さな劇場といってもいいわ。もう一つの部屋は、ビリヤード部屋。こちらは、絵を描く部屋。 これは、パパが、お酒をつくるカウンターバー。あちらがトイレ。」
「ユウちゃーん!!」
「ユウちゃーん!どこや、どこやぁ!」
ももたちは、椅子の下、テーブルの下、キャビネットの中、収納ボックスを開けたり閉めたり、カーテンの後ろ、ありとあらゆる場所を、探しました。
寝息が聞こえないだろうかと、耳をすませてみたりもしましたが、気配は感じられませんでした。
「ふー。いないぞぅ。上の階にはいないんじゃないか?」
「まだちっちゃいから、一人では、上がって来られないんじゃ?」
「うん・・・。」
「3階は?」
「3階は、会議室が3つと書庫。それと、トイレ。まあ、会議室はいつも空いてるから、そこで、卓球台だして遊んだりしてる。」
「んじゃ、2階は?」
「2階はね、お客さんが泊まる部屋が、いくつだっけ?・・・4つ。それぞれ、バスルーム付き。バアヤが、いつも鍵を閉めてるから、入れないと思うけれど。行ってみなくちゃね。」
「それにしても、サキちゃんち、いろんなものがあるんだね。」
「そうなのかな。」
「お父さんは、ちょっと言い方、古いけど、ちょいわる親父?」
「ぜんっぜんよ。勤務医をしていて、帰ってきても、部屋に閉じこもっちゃうわ。遊んでくれることなんか、全然ない。遊ぶことより、勉強とか仕事のほうが、好きなんだと思うわ。」
「そんなことないんじゃ?これだけいろいろそろえてあるんだぜー!本当は、遊びたいって思ってるさ。」
3人は、ずっと緊張感のないまま、探していました。サキちゃんの弟ユウちゃんは、きっと無事に見つかるだろうと信じていたからです。
そこへ、廊下から足音がしました。
「サキ、いるのかい?」
「はい。パパ。こっちにいます。」
サキちゃんのお父さんは、めがねをかけ、乱れた髪の毛をなでつけながら、やってきました。
お手伝いのバアヤも一緒でした。
「お友達が来てるんだね。」
ももと俊くんは、こんにちは、とあいさつしました。
「サキ、お友達には、今日は帰っていただこうか。」
「え!どうして?でもパパ、ユウちゃんを・・・」
でも、ユウちゃんを一緒に探してもらっているのに、とサキちゃんは言おうとして、口をつぐみました。
「お友達に、迷惑をかけちゃいけない。さあ、君達、どうもありがとう。また遊びに来て下さいね。」
すると、お手伝いのバアヤが出てきて、ももと俊くんの背中を押して、エレベーターに押し込みました。
「ももちゃん!俊くん!」
「サキちゃん!」  
ドアが閉まり、エレベーターは下降しました。   
     
「なんだぁ。勝手なこと、するなぁっ!」
「あたし、胸にへんなものが詰まったみたい。」
「吐け、吐け!腹立つな~!」
ももは、サキちゃんの弟のユウちゃんのことが、心配でした。いつも一緒だった家族が、いきなりいなくなってしまうなんて、自分がサキちゃんの立場なら、耐えられないと思ったのです。
「あたしは、猫がいなくなったって、大騒ぎするのに・・・。」
エレベーターは、どんどん下がり、もうすぐ1階へつきます。見ると、エレベーターの表示は、B1、B2までありました。
「ねえ、このエレベーター地下があるよ?」
「おぅ!?」
1階で、エレベーターのドアが開きましたが、2人は、顔を見合わせて降りませんでした。かわりに、地下1階ボタンを押したのでした。
好奇心が先に立って、どうしても地下へ行かなくてはいけない思いだったのです。

3.地下の謎の部屋


地下1階へ到着しました。天井も壁も、コンクリートのうちっぱなしでできていて、あたりは、ひんやりとした空気に包まれています。
「なんだ?ここは。」
「なんだか怪しくない?」
少し、奥まで歩くと、洗濯機がありました。布張りの洗濯カゴがあり、幾つかの服が入っていました。ももは、洗濯カゴをひっくり返しましたが、ユウちゃんは、いませんでした。
「よかった。こんなところに、いるわけないよね。」
すると、いきなりももの頭の上から何かが、覆いかぶさりました。
「きゃあっ!」
俊くんもつられて、大声を出します。
「うわーーっ!!って、なんだ、シーツかよ!洗濯物シュートから、落っこちたんだよ。」
「ああ、びっくりした。」
「なぁなぁ、もも、地下2階へ行こうぜ。ここには、ユウちゃんはいない。」
「わかった、行こう!」
エレベーターは、B1にありました。
ももと、俊くんは、すぐに乗り込み、B2のボタンを押しました。
B2のランプが光り、エレベーターの扉が開きました。
「水族館!?」
2人の目の前に、大きな大きな水槽がありました。
「水族館まで、あるのかよ!」
「ねえ、でも、お魚がいないよ?」
水の中は、青い液体が、たたえられていました。静かなポンプの音が、響いています。
「こういうの、なんていうのかな!?」
「怖ぇーな!こんなところで、風呂?風呂にしては、バスクリンの量が多すぎじゃん?」
「それに、変な形。」
「とにかく、ぐるっと1周してみよう。」
水槽は、地下の広場の中央に位置し、ガラスがカーブを描いていて、高さが、3m程ありました。つまり、円筒型の水槽なのです。そして、広場の天井を支える円柱のようなものがあちこちにありますが、それは、みな厚いガラスでできていました。
周囲には、長い机といす、ロッカー、薬品の棚がひとつ、白いタオルの束、一方の壁には、どこへ続いているのかわからない扉がありました。
ももは、そちらの扉のノブを、カチャリとまわしました。中へ入ろうとした時、
「ちょっと!!」
水槽を見ていた俊くんが、変な声で、叫びました。
「なぁに!おどかさないでよ~!」
ももは、振り向きました。
「あ、あ、あれ、あれ・・・。」
俊くんが、指差すほうを見ました。
「俊くん!あれは!」
見ると、青い水の中に、小さな人影が、ゆれていました。
「俺やだ!帰ろうぜ・・・ありえない・・・ありえない。」
俊くんは、エレベーターのほうへ、よろけました。
「で、でも、何言ってんの、しっかりして!」
ももは、一生懸命目を凝らしました。でもやはり、その人影が、ユウちゃんかどうかは、わかりません。
「早く、助けなきゃ!俊くん、ここで待ってて!助けを呼んでくる!」
エレベーターは、B2を離れ、1階でとまっていました。
「待って!俺も、い、行くから、俺もっ!」
壊れそうなほど何回もボタンを押して、エレベーターに乗り込むと、ほどなく、1階へ降り立つことができました。
廊下を走って、人影を探しましたが、どうしたことか、誰もいません。
「サキちゃーん!サキちゃんのお父さーん!」
「バアヤさーん!」
誰の返事もありません。
「これだから、でっかい家は、嫌だっての!」
すると、1階の奥の部屋から、サキちゃんのお父さんが、現れました。
「君達は、まだいたのかね?」
とても、怖い顔で睨まれました。
「来てください!ユウちゃんが水槽に落っこちてしまったかも知れない!救急車を呼んでください!早くしないと助からない!」
ももは、感情が高ぶって、泣きそうな声で言いました。
「何を見たというのかね。」
「地下の水槽に、人が落ちているのを見たんです。」
「それは本当かね?」
「ひいいー!」
お手伝いのバアヤが、悲鳴を上げました。
サキちゃんが、慌てて、エレベーターから、駆けつけました。
「ももちゃん、俊くん!まだ帰っていなかったのね。」
「早くしないとやばい!早く!とにかく、急いでくれっ!」
その場にいた全員で、エレベーターに乗り込み、地下2階へ移動しました。エレベーターの扉が開くと、先程と同じ、青い水槽がありました。
「うっ!」
ところが、さっきの人影は、水槽から、あとかたもなく消え失せてい
たのでした。サキちゃんが言いました。
「あら、熱帯魚がいないわ。いつもたくさん泳いでいるのに?」
ももと俊くんは、きつねにつままれたように、立ちつくしました。
「そんな・・・?」
「さっきは、水槽のこのあたりに、ユウちゃんらしき人の姿があって・・・ 。それで、それで私たち・・・。」
ももと俊くんは、それ以上何も言えずに、顔を見合わせました。お手伝いのバアヤは、震えて、手を握り合わせていました。
「君達、嘘もいいかげんにしてくれ!はやく、帰ってくれ!!」   
                              
 4.サキちゃんとの約束


ももと俊くんは、追い払われるようにして、サキちゃんの家を出ました。黒い犬が、ももに近寄ってきました。
「くーん・・・。」
「よしよし。」
ももは、黒い犬の頭を撫でました。
「おっかないぜ。」
「このこ、怖くないよ。」
「この家・・・!」
「・・・水の中に誰も落っこちていなかったんだもの、よかったことにしよ。」
「ぜったいに、見た!」
「・・・。」
すると、お手伝いのバアヤが、玄関から出てきました。血の気の失せた顔をしていました。
「あなたたち、坊っちゃんを、見たと言っていましたね。」
「はい。」
「なんてことを・・・!神様・・・!」
お手伝いのバアヤは、その場に、倒れてしまいました。
「大変!サキちゃんのお父さんを、呼んでこなくちゃ。」
「待ってろぃ!」
すると、バアヤが言いました。
「・・・このまま私を、警察へ。」
「バアヤさん、もしかして、ユウちゃんのことを!?」
「・・・。」
「バアちゃん!話してくれよ!」
「・・・坊っちゃんは、今朝ベッドで、目覚めず、息をしていなかったのです。旦那様が、坊っちゃんをお部屋へ運び、介抱していたのですが・・・。坊っちゃんは息をふきかえさず・・・。そして、旦那様は、坊っちゃんのことは、任せておきなさいと言って、そのまま自室へこもってしまい・・・。」
「サキちゃんは、そのこと、知らないの・・・?。」
「ショックが強すぎますから、サキ嬢には、言わないようにと、旦那様が・・・。」
俊くんが、怒り出しました。
「なんで、隠したりするんだよ!!それで、ユウちゃんが、息吹き返さなかったら、どうすんだよ!」
バアヤは、胸が苦しくなったようで、また、うずくまってしまいました。
「バアヤさん、あたし、これから、再び地下の部屋に行ってきます。サキちゃんのお父さんが、何をしているか、はっきりさせたい。だって、あたし、ユウちゃんのことを探すって、約束したんだもの」
ももは、俊くんに、バアヤを任せて、そっと家の中に入りました。廊下には、誰の姿も見えません。地下へ行く前に、サキちゃんのお父さんの部屋を探しました。1階には、広いリビングルーム、客間が1つ、ダイニングルームが1つありました。
さらに、一番奥の部屋へ入りますと、骨格標本があり、気持ちの悪い内臓の絵がかかれたポスターが貼ってあり、部屋の中央に革張りのソファーが置いてありました。広いデスクの上には、筆記用具や、ファイル、難しい本などが何冊も置いてありました。棚の上に、いつでも飲めるように、コーヒーサーバーがセットされていました。
ここは、書斎のようです。突然、廊下から声がしました。
「パパ、入ります。」
ももは、驚いて、ソファーの陰に隠れました。サキちゃんが、部屋の中へ入ってきました。
「パパ、どこへ行ったの?携帯鳴らそうかしら。」
そう言って、デスクの上の電話を、プッシュしました。
「・・・圏外だわ。きっと地下にいったのね。」
サキちゃんは、パタンとドアを閉めて、部屋を出て行きました。ももは、床に身を伏せていて、気がつきました。
「これは?」
床の1部に取っ手が付いていたのです。60センチくらいの四角形に切り取られた床が、ソファーの下に隠れていました。
「よいしょ!」
ももは、ソファーの位置をずらして、取っ手を引き上げました。
「あっ!」
床が持ち上がり、地下へ続く階段が、でてきました。
「サキちゃんのお父さん、ここを通って地下室へ、降りるんだわ。」
ももは、落っこちないように、そっと一足ずつ、確かめ、踏みしめ、らせん階段を下りていきました。

 5.お父さんの秘密


一番下までは、かなりの段数があり、目が回りそうでした。
永遠に続くかと思われたころ、扉がありました。扉のむこうから、声が聞こえ、隙間から、うっすらと光が漏れています。
ももは、そっと、扉を開けました。
「ユウ!さあさあ、この水を飲んでごらん。」
サキちゃんのお父さんでした。パイプベッドの上に白いシーツが載せてあり、どうやら、そこにユウちゃんが寝かされているようです。
「この水は、命のお薬なんだよ。パパがつくったんだ。パパは、ユウが、お薬を飲んでくれないと、悲しいなあ。」
サキちゃんのお父さんは、ユウちゃんの口に、スプーンで何か飲ませています。ユウちゃんの身体は、タオルでくるまれていました。
「ユウ!お願いだから、目を覚ましてくれ・・・ユウ!ユウ、パパの一生のお願いだよ。」
サキちゃんのお父さんは、ユウちゃんの身体を抱き上げると、扉をバタンと開けて、水槽のある部屋のほうへ出て行きました。ももは、その光景を見ていて、ユウちゃんが、本当は生きているのかも知れないと思いました。
「待ってください!」
ももが叫ぶと、サキちゃんのお父さんは、水槽にはしごをかけた手をとめました。
「ここは、私の研究所だ。頼むから、出て行ってくれ!」
「ユウちゃんを、なぜ、そんなところへ!?」
「ユウの命を取り戻すためだ。頼む、このまま、そっとして置いてくれないか!」
すると、エレベーターのドアが開き、サキちゃんと俊くんが現れました。
「パパ!やっぱりここだったのね。・・・パパ。」
「サキ!心配しなくていいんだよ。」
「パパ。ユウちゃんのこと、私があんなに探していたのに、なぜ、隠したりしたの?」
サキちゃんは、泣きました。
「ユウは、今は、息をしていない。まるで死んでしまったように見える。だが、私が作ったこの再生水を使えば、生き返る。パパの秘密の研究の成果なんだよ。きちんと目を覚ましたら、報告しようと思っていたんだ。」
「バアヤから聞いたわ。ユウちゃんが・・・死んでしまったなんて、嘘でしょう?本当に、一番恐れていたことが起きてしまったなんて・・・。 パパ、わたし救急車を呼びました。ユウちゃんを、実験の材料になんか、させない!」
サキちゃんは、お父さんから、ユウちゃんを力いっぱい抱き取りました。
「そうじゃあない!パパは、多くの人の命を助けたいと思って、今までずっと研究を続けてきたんだ。ユウのことを、材料にしようだなんて・・・決して思っていなかった・・・。でも、ああそうだよ。パパは、実験しようとした。ユウを、どうしても、この手で生き返らせたかった・・・。」
「パパ・・・」
その時、ずっと動かないままだったユウちゃんの手が、かすかに動きました。
「ユウちゃんが!?」
「待ちなさい」
サキちゃんのお父さんが、ユウちゃんの心臓に耳をあて脈をとり、人工呼吸をしました。すると、奇跡が起こったのです。ユウちゃんが、息を吹き返しました。
それから、サイレンの音が鳴り、救急車が来て、ユウちゃんは、運ばれていきました。
「ももちゃん、俊くん、今日は、本当にごめんね。」
「ううん、そんなことないよ。」
「わたし、ももちゃんと俊くんが、ユウちゃんを探してくれたこと、本当に嬉しかった。一生、忘れない。」
サキちゃん一家が、救急車に乗り込むと、車は、すぐに発車しました。
ももと俊くんは、去っていく救急車を見送りました。 

6.長いお別れ


「ああ、なんだかとっても長い一日だったね。遊びに来て、こんなに大きなお家の中を探し回って、それから、サキちゃんのパパの秘密の研究を知って、ユウちゃんを見つけて・・・。ユウちゃんが助かったのは、サキちゃんのパパのお薬が効いたせいなのかな?俊くん、どう思う?」
「あの親父の言ってること、本気にしたの?そんな薬できないっしょ」
「えっ!?本気にしたよ。だって、そう言っていたもの」
「まじで!?だったらすげぇな」
「そうだよね!すごい発明だよ。サキちゃんちは、そんな装置まであるなんて。ホントなんでも揃ってるね」
「・・・俺、最初さ、サキのこと、この家のこと、すべてがうらやましかった。こんな家に住んでいるやつは幸せだろうなって思った。」
「あたしも」
「でも、どんなに家が立派でも、装置がすごくても、遊び道具があっても、中に住んでいるサキたちが、幸せじゃなきゃ、なんにも、意味ないんだ!だから、俺は・・・」
俊くんは、振り向いて、大きなお家に向かって叫びました。
「サキの幸せを祈る!」
いつになく真剣な表情の俊くんを見て、ももも、手を合わせて祈りました。
どうか、サキちゃん家族が、いつまでも幸せに暮らしていけますように。
いつのまにか、黒い犬がそばに来て、しっぽを振っていました。
「なんだぁ?こいつ、俺に擦り寄ってきて!やめろ!こら!」
「俊くん、気にいられたみたい。きっと今度遊びに来た時も、このこ、俊くんのこと覚えてるよ」
「ワン!」
「わぁ!でっかいぞ、こいつ!」
俊くんは、犬に飛びつかれて、なんだかちょっと嬉しそうでした。
「ははっ、よし、帰るか」
ももと俊くんは、しばらく一緒に歩き、分かれ道に来ました。
「また、遊ぼうね」
「おぅ」
「じゃね」
「ばいばい!モヘンジョダロ」
「な、何よそれ!ん~瞬間のびのびシップ!」
「瞬間のびのび?ファンタスティックフォーの伸びるやつみたい?俺?」

それから、再び3人で遊ぶことのないままに、サキちゃん一家は、引っ越してしまいました。
今では、あの大きな家は、「売家」の看板がついたまま、ひっそりと建っています。
ももは、家の前を通るたびに、サキちゃんのことを思い出します。
いつの日かまた、一緒に遊べる日が来ることを、夢見るのです。


2008-01-21 17:19  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

短編 大きな家の秘密♪(原案) ブログトップ
短篇小説 W   別天地へ行け

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]